佐藤工務店

「ZEH」への取り組みNET ZERO ENERGY HOUSE

わが国では「エネルギー基本企画(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で年間供給・販売戸数比率を50%以上にすること」が目標となりました。

国としても省エネに取り組む今、佐藤工務店は「ZEH」へ積極的に取り組み地球環境へも積極的に取り組んでいきます。

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。

経済産業省では、「2020年までにハウスメーカー等が新築する注文戸建住宅の半数以上で、2030年までに新築住宅の平均でZEHの実現を目指す」という政府目標の達成に向け、課題と対応策を整理した「ZEHロードマップ」を関係省庁等と共に策定(2015年12月)し、当該ロードマップに基づき普及に向けた取り組みを行っています。

※平成28年度〜令和2年度の弊社のZEH実績は0%でした。

※直近では、令和3年度のZEH実績は25%でした。