佐藤工務店

次世代省エネの家「ハルノ」Haruno

春の野原みたいに心地いい家

暑い夏も、寒い冬も、いつも春の野原にいるような心地よさ。「ハルノ」は、優れた高気密・高断熱性能で快適な住み心地をかなえてくれる家です。アイデアをいかせる自由設計だから、家族みんなの夢も現実に。のみやかな大空間も思いのまま。家にいることが楽しくなる、みんなに嬉しい住まいです。

心地いい暮らし

家中いつも心地いい「次世代省エネ仕様」でリビングはもっと、オープンになる。

家の中で思わず深呼吸したくなるような、おおらかで伸びやかなリビング空間。「ハルノ」は、地球環境にやさしく、室内と外部の熱の行き来を最小限に抑える"次世代省エネ仕様"。だから、大空間でも冬は暖かく夏は涼やかです。しかも家の中の温度差も少なく、いつも、どこにいても、心地いい。そんな、次世代省エネの家「ハルノ」が、暮らしをもっともっと快適にします。

冬は暖かく

熱を逃がさず、太陽の恵みは採り入れる。次世代省エネの家だから、冬でも暖か。

寒い冬は、暖房機器だけで部屋を暖めようとすると、どうしても温度の高いところと低いところのムラができてしまい、快適な温熱環境がつくれません。高い機密性と断熱性能を併せ持つ次世代省エネの家「ハルノ」は、家そのものが"あったか仕様"。大きな窓から採り入れた昼間の陽の暖かさをとじ込めて、家中いつまでもぽかぽか。だから、少しの暖房でも効率よく部屋を暖めることができます。また、部屋と部屋、廊下との温度差も少ないからヒートショックを防ぎ、家中安全で快適な空間をつくります。

夏は、涼しく

冷房の涼しさは逃がさず、太陽熱はシャットアウト。次世代省エネの家だから、夏でも涼やか。

暑い夏を快適に乗り切る住まいのキーワードは、"心地よい涼しさ"。優れた機密性と断熱性を誇る次世代省エネの家「ハルノ」なら、冷房の涼しさは逃さず、外の熱気は寄せつけにくいから、暑い夏もいつでもどこにいても、心地よく爽やかに過ごせます。さらに優れた保温効果のおかげで、エアコンをOFFにしてから涼しさが長く持続。冷房による体への負担も少なく、経済的にも安心です。

内観・外観

リビング空間

シンプルモダンがベースの多彩なリビングスタイル。

「ハルノ」のリビングは、コンフォータブル&ユニバーサルデザイン。インテリアスタイルは、シンプルモダンを基本にしたカジュアル、クラシカル、ジャパニーズ、ハードの4つのテイストを中心に展開しています。集い、語り合い、くつろぎ、暮らしの中心となる場所だから、なによりも家族のコミュニケーションと居心地のよさを大切にしています。

Japanese Modern

Hard Modern

Casual Modern

Classical Modern

コミュニケーション空間

楽しく、使いやすく。家事効率とコミュニケーションをデザイン。

キッチン&ダイニングは、いつも笑顔があふれる賑やかな空間であってほしいもの。だから、大切にしたのは、スムーズな家事動線、コミュニケーションがとりやすい空間構成。キッチンのスタイル、収納やキッチンアイテムのセレクト、ダイニングテーブルの配置など、それぞれライフスタイルに合わせてご提案します。

プライベート空間

自分に戻ってゆったりとくつろげるリラックススペース。

本来の自分に戻って趣味を楽しむ。静かさに包まれて夫婦で語らう。プライベートな空間づくりは、いかにリラックスできるかがポイント。趣味の小物を飾る棚、書斎コーナー、パウダーコーナーなどを設置して、自分らしい空間に仕上げてはいかがでしょう。インテリアのカラーリング、照明、窓の取り方などを工夫することで、素敵なくつろぎ空間が演出できます。

お子様の成長とともに進化する、シンプルな可変空間。

学ぶ、遊ぶ、好きなことに熱中する、きちんと片づけをする、しっかり眠る…。子ども部屋を考えることは、子育てそのものをデザインすること。「ハルノ」では、たっぷりの採光、安全で使いやすい設計に加え、間取りの変更のしやすいシンプルデザインの空間をご提案。可変性が高いから、お子様の成長に合わせて思いのままにアレンジできます。

リラクゼーション&パーソナル空間

くつろぎのオフタイムを楽しむ、とっておきのスペース。

リビング、キッチン、ダイニングなど、家族やゲストと一緒に過ごすスペースは、集う人すべてを包み込むおおらかさ、ゆったりとくつろげるアットホームなムードを大切にしたデザイン。リラックスを誘うタタミコーナー、みんなで楽しめるシアタールーム、現代感覚の土間など、暮らしに潤いを与える集いの空間もご家族のご要望に合わせて提案しています。また、プライベートルームなどのパーソナルなスペースは、自分だけの時間に浸れる落ち着いた雰囲気を大切にプランニング。プライベートバルコニー、書斎コーナー、ミセスコーナーなど空間を有効利用したアイデアもいっぱいです。楽しく、そして自分らしく。空間と暮らしにリズムをつけて、人生をもっと素敵にしてみませんか?

外観スタイル

街並みと調和を大切にした「オーダーメイドデザイン」。

「ハルノ」は、外観もお好みに応じてプランニングできるフリープランの家。洗練されたシンプルベースのスタイルにご家族の個性を取り入れたオーダーメイドデザインのお住まいをお届けします。さらに街並の雰囲気と美しく調和するよう"エリアデザイン"も重視。地域の街並に溶け込みながら、さりげなく個性を主張します。

高耐震で高機能、快適と安心が続く「木」の家です。

筋かいの入った耐力壁をバランスよく配置することで、地震時の揺れに対する変形を防ぎ、建物の強度を高めています。

地震発生直後に調査チームが被災地入り。綿密な現地調査結果を、家づくりに反映しています。

まずは徹底した地盤調査から。地盤の地耐力の明らかにした上で最適な基礎の仕様をご提案します。

基礎部分のコンクリートには鉄筋を縦横に入れ、建物を支えると同時に地震の力をバランス良く分散します。

床は、梁と床を構造用合板で密着させた「剛床」を採用。横揺れの力を分散させます。

床下の湿気対策として、通常の床下換気口の約2倍の換気能力をもつ基礎全周換気工法を採用しています。

地震の際、力がかかりやすい柱と梁、柱と基礎などの接合部は、高強度の接合金物で連結させます。

建築基準法で定められた基準を満たす施工がなされているかどうか、第三者機関による検査を実施。

木の強さを生かした「木造軸組工法」

「ハルノ」は、「木造軸組工法」で建てられる住まい。構造体を支える柱、屋根・床などの重量を支える梁、地震や風などの横からの力に耐える筋かいで構成されている最もスタンダードな工法です。また、構造材である"木"は、外部からの「曲げる力」「引っぱる力」「圧縮する力」など鉄やコンクリートに比べて圧倒的な強さを誇ります。「ハルノ」は優れた素材"木"の強さをいかした住まいなのです。

制限の少ない木造軸組工法で自由なプランニングが可能

「ハルノ」は、木造軸組工法で建てる自由設計の住まい。プランニングの際、柱や筋かいなどで構成された耐力壁をバランスよく配置することで、地震に強い自由設計のすまいづくりが可能です。また、プレハブや2×4などの工法に比べて設計の自由度が高いため、オープンリビングや吹き抜け空間なども思いのまま。狭小敷地や変形敷地にも柔軟に対応し、大切な敷地を最大限に活用できます。

先進のテクノロジーで地震の強い家づくり

「ハルノ」は、伝統の木造軸組工法に先進のテクノロジーをプラスした住まい。基礎と土台、土台と柱、柱と筋かいなどのジョイント部分は接合金物でしっかり強化。さらに床は梁と床を構造用合板で固定した"剛床"により、横からのねじれやゆがみを防ぎます。さらに筋かいの入った耐力壁をバランスよく配置することで地震に強い家づくりが実現します。

家族みんなが心地いいクリーンな暮らし

24時間計画換気システムで、日々の暮らしで生じる臭気、湿気、家具や日用品などから発生するおそれのあるホルムアルデヒドなどの有害物質を強制的に排出。結露やカビ・ダニの発生も抑えます。また、外からの空気は空気清浄フィルターで粉塵をカット。クリーンで快適な室内環境を実現します。

見えないところまでこだわった高品質な家づくり

私たちは、目に見える部分はもちろん、目に見えないところまで細心の注意を払っています。構造体内部の換気・防湿対策をはじめ、シックハウス対策、通気対策、シロアリ対策も万全。また、基礎工事から上棟、屋根工事、内部工事などの節目節目には、現場監督によるチェックシートでの確認をはじめ、第三者機関による施工検査を実施。品質が十分に満たされているかどうか、二重三重の厳しいチェックを行っています。

24時間計画換気システム

リビングや寝室などの各居室より、室内に新鮮な空気を常時取り入れます。トイレ・洗面所・ホールの排気ファンにより室内の汚れた空気を常時排出します。

※地域・仕様によって給気方法は異なります。

耐震プラス基準

公開実大耐震実験で高い耐震性能を実証!

耐震プラス基準で建てる「ハルノ」は、地震の強い木の家。その高い性能を検証すべく、2005年3月16日、大林組技術研究所での公開実大耐震実験が実施されました。実験は2階建て97㎡(約30坪)の住宅を阪神淡路大震災で記録された818gal、新潟県中越地震で記録された2036gal、1314galの地震波で振動させたもの。震度7クラスの激震を同一建物で3回連続して行うという過酷なものでしたが、金物の変形、木材の破損など構造体の損傷がなく、極めて高い耐震性能が実証されました。

日本最大2036galにも損傷なし!

「震度」が被害程度や人間の受ける感じで地震の大きさを表すのに対し、「gal」は地震によって発生した揺れの1秒当たりの加速度でその大きさを表します。標準的な地球上の引力(重力加速度)は、980gal。阪神淡路大震災の818galは、水平方向の加速度がもう少しで重力加速度と同じになる値。新潟県中越地震(川口町)の2036galは、重力加速度の約2倍に相当する加速度です。耐震プラス基準で建てる「Sumire」は、この強烈な加速度にも損傷のない住まいです。

品確法・住宅性能表示制度の6項目で最高等級に対応

「住宅性能表示制度」は、家を建てる人が、家の性能を共通のものさしで客観的に確認・評価できるよう2000年4月から施工された制度です。耐震プラス基準で建てる「Sumire」は、耐震等級(倒壊防止、損傷防止)、耐風等級、劣化対策等級、維持管理対策等級、ホルムアルデヒド発散等級など6項目で最高等級に対応。優れた性能を証明しています。

6つの項目で最高等級

※標準仕様での性能等級となります。お客様の設計プラン設計プランや条件の変化で表示性能が異なる場合があります。(性能表示制度をご利用の場合、別途費用を申し受けます)

※省エネルギー等級は、省エネ区分地域においてレースカーテン等を設置した場合の等級です。


 

大林組技術研究所で実施された実大耐震実験

観測史上最大の地震波、震度7クラスの振動を3回うけても、構造体の損傷がありませんでした。

1回目 阪神淡路大震災(神戸市)震度6強(マグニチュード7.3)
◎最大加速度818galで過震
この地震の特徴である大きな横揺れを発生させ、建物を水平に激しく振動。
2回目 新潟県中越地震(小千谷市)
◎最大加速度1314galで過震
最も被害の大きかった地域の地震を再現。横揺れを伴って建物を激しく振動。
3回目 新潟県中越地震(小千谷市)
◎最大加速度1314galで過震
最も被害の大きかった地域の地震を再現。横揺れを伴って建物を激しく振動。

まずはお気軽にお問い合わせください。